Piyochiのブログ

ゲームと漫画とミステリの話をしようと思う。

漂流記

PlayStationの迷作? 「漂流記」

 

航空機の事故で、無人島に漂着した主人公たちが、木を切り獣を狩り食料や素材を集めて様々な道具を作り次第に文明化していき、最後は島からの脱出を目指すサバイバルクラフトゲーム

 

冒険小説の代名詞とも言えるジュール・ヴェルヌの「十五少年漂流記

映画で言えば、漂流したらバレーボールに名前つけたいでお馴染み、トムハンクス主演「キャストアウェイ

海外ドラマで言えば、なんか後半イミフになってしまった「LOST」

毛色は違うが、テレビ番組で言えば、よゐこの「無人島0円生活」の様な

 

現代人が何らかの事故などに巻き込まれて無人島で原始的な生活を余儀なくされる、冒険に憧れる少年少女魂を持ったみんなが大好きなヤツ。

 

この手の話が昔から大好きな私は、初代プレステ当時に友人から借り、どハマりして何度もクリアした懐かしい思い出。

先日ツイッターで"絶望的だが続編を望む作品"とか何とかいうタグを見つけた時に、何となく思い出して呟いたのが、この「漂流記」であった

それからと言うもの、個人的な流行りである原始生活物(youtubeの"primitive life"とか"primitive skill")ばかり観ている影響もあり、懐かしさもあり、久しぶりにまたやりたい熱がふつふつと湧き上がっていたのだが、流石に初代プレステを買い直してソフト揃えて…となると出費がかさむなぁと半ば諦めかけていたところ、調べてみるとどうやらPSアーカイブスなるものに「漂流記」があるっぽいとの事、しかしPS4では検索をしても出てこず販売終了したのか…と残念に思っていたところ、よくよく調べてみると対応がPS3PSP、そしてPSvitaで出来るぽいと

PSvitaなら埃を被って置いてあったことを思い出し、早速ゲームカードを買い求め、速攻でアーカイブス購入という滑らかな流れ、オレでなきゃ見逃しちゃうね。

 

本作の内容は、素材集めと道具作りがメインで

狩りは出来るが敵との戦闘などは無くアドベンチャー要素が強めのゲーム

元々はPCで出ていた「無人島物語」という

エロゲ?の、流れを汲んだシリーズらしく

実に10作近くも続編が作られている人気シリーズだ、みんな無人島生活が好きなんだな。

PS版は当然お色気は抑えられ、ちょっとした一枚絵がある程度で、そっち方面の欲求を満たすには物足りないだろうが、何より本質はちまちまと素材集めに奔走し、道具や素材の加工をし、仲間に制作や探索の指示をしつつ無人島の謎を解明したりしながら、生き抜く、そして夢は脱出!というのが本作の醍醐味だろう。

ただ、古いゲームなせいもあり

クラフトは非常に不親切であり、素材やステータス、制作設備や文明度など全ての条件を満たしていないと作成欄に何も出ないので、何が作れるのか、それを作るには何が足りないのかが分からないという、良く言えば手探り感とも言えなくもないが、令和時代のゲームだったらあり得ない不親切さだ。流石に20年も前のゲームだけある。

また、フィールドに落ちている貴重素材は取りこぼすと致命的で、それが無いために必要な設備が作れずに、まったく先に進めない事もあり

初回プレイでスムーズにクリアするのは難しく、複数回プレイが前提に思える。

 

wikiなど攻略情報を見ながらでないと、まともなエンディング(本作はマルチエンディング)に辿り着くのは難しそうだが、そのwikiも情報が一部不足しており、今回久々にやってみた中でクリアするにあたり、wikiを見ながらでも行き詰まった部分があったのでメモとして残しておく。

 

コンデンサー][小型モーター]

[スクリュー]の入手方法

これらはマップ9(左上)にある小島、そこにある隠された地下エリアに落ちている。

地下エリアに行くためにはマップ6にある村でイベントをこなす必要がある。

絵里奈(ステュワーデスの女性)で村に行きイベントを起こす、その後に"口紅"を装備した状態で再度村に行き会話イベント

絵里奈の女王イベントを見た後、村長に話を聴くと隠された地下の情報を教えてくれるので

その後にゴムボートで島へ渡ると左下の草が生えている辺りに入り口を発見できる。

(話を聴く前に行っても島には何も無い)

 

"口紅"はエリア4(右)の左下の角辺りに生えている紅花を10個使用して作成。

 

他には、遠心分離機を作り忘れていた為

(手動撹拌器と遠心分離機を混同していた。)

燃料加工レベルが足りず素材は足りているにも関わらず原油加工プラントが作れない所為で石油精製プラントが作れないなどがあった。プラントに置かれるオブジェクト以外の物はわかりづらいので、キャンプ情報で各加工レベルを確認しながら何が足りていないのか確認するといいだろう。

 

決してゲームバランスは良くないし、色々不満はあるけれど、この手のゲームで素材集めや加工に主軸を置いた内政寄りの物はあまり無く、すぐゾンビとかと戦ってしまうので(それも嫌いじゃないが)希少なゲームと言えるだろう。

 

DSなどで出ていた「サバイバルキッズ」というゲームが毛色が近いものの様で興味はあるが

DSか…いつか機会があったらそちらも試してみたい。

魔剣天翔

 

魔剣天翔 Cockpit on Knife Edge (講談社文庫)

魔剣天翔 Cockpit on Knife Edge (講談社文庫)

 

 

すべてがFになるから始まるS&Mシリーズ

黒猫の三角から始まるVシリーズ

そのVシリーズの中でも評価の高いと噂の今作

どこかで誰かが言っていた、魔剣天翔の噂。

これまで一つ一つ感想を書いてこなかったが

S&MシリーズからVシリーズと順番に読み進めており、魔剣天翔に関してはその評価を目にしてからずっと楽しみに積んでいたのだ。

 

クロバット飛行中の二人乗り航空機。

高空に浮かぶその完全密室で起こった

殺人。エンジェル・マヌーヴァと呼ばれ

る宝剣をめぐって、会場を訪れた保呂草

と無料招待券につられた阿漕荘の面々は

不可思議な事件に巻き込まれてしまう。

悲劇の宝剣と最高難度の密室トリックの

謎を瀬在丸紅子が鮮やかに解き明かす!

 

こんなあらすじワクワクしないわけが無いのだ。

トリックや、小鳥遊練無と憧れの先輩杏奈との関係性、今後にも繋がるであろう事も気になるのだが、個人的には各務亜樹良が登場するというだけで"あの人との繋がり"を感じ、とても興奮した、

保呂草と各務、この二人の出会いが、この先の未来にどの様な影響を及ぼすのか

何となく分かってはいた保呂草の本業についても、よりハッキリとして来た感があるのも良い。このシリーズの大きな幹の部分が見えてくる、動き出す、それがこの魔剣天翔なのかも知れない。

Vシリーズ折り返し?の5巻目というのもあるのだろう、これから後半戦に向けて

各登場人物たちの関係性がどの様に動いていくのか、目の覚めるようなトリック、楽しみで仕方ない。

まだ先の話になるだろうが、シリーズ終わりまで読み終わったら、改めて読み直してみたい。そんな気がする。

きまぐれロボット

きまぐれロボット (角川文庫)

きまぐれロボット (角川文庫)

 

今回は気分を変えて、星新一先生の

きまぐれロボットを読んでみた

ショートショートと言われるもので、短編物が複数入っている。

ちょっとした未来の、ロボットや科学者のお話

中でもお気に入りなのが「災難」というエピソード

 

ある男はネズミを飼っていた、餌を与え身体を洗ってやり大層可愛がっていた

その理由は、過去、何かを察知したネズミに従い災難から逃れた経験が何度もあったからだ。

そんなある日、ネズミがまたソワソワしだした

男はピーンと来たのだ、また何か起きるに違いないと、男は早速引越しを決行した。

後日、元の家の様子を見に行く事に

近隣の方に話を聞いてみる、何か悪いこと起きましたかと、しかし、何も起きていないという

おかしいなと思い、引越して来たお隣さんはどうですか?

おっかない人だったりしませんか?と

いえいえ、とても優しい方で"猫を何匹も飼っている"そうです。

 

こんな感じのおはなし、ネズミはお隣に猫を飼っている人が引越してくる事を察知したんですね。

この様に、少しニヤリとさせられるブラックジョークや皮肉の類がふんだんに盛り込まれた物が、星新一ショートショート

一編が数ページ程度の軽い文量で読みやすく

昔からブラックジョークや皮肉の類が好きな私は大変面白く読ませて頂いた。

 

ジョークを理解するには最低限の知識が必要で

例えば猫とネズミの話でいえば、猫というのは

ネズミを狩る生き物で、ネズミにとって天敵である為、猫に怯え逃げ出そうとした(ネズミにとって猫が近くに来る事は災難)

というのを理解していないと「災難」の話は理解出来ないだろう。

とは言え、それほど難しい話でも無いので

恐らく、今作で言えば小学校高学年程度の知識と読解力があれば十分楽しめる内容だと思う

夏休みは既に終わりかけではあるが、読書感想文の宿題に、読んでみるというのも良いかも知れない。

 

 

にっきと読書感想文

随分と時間が経ってしまったようだ

あれからどれだけの月日が流れていったのだろうか

 

振り返ってみれば、ブログを始めてもう半年以上が過ぎていた

当初はもっと早いペースで更新を目標にはじめたわけだが、そんな目標もいつのまにか忘れ

毎日雨ばかりの日々に辟易し

気づけば憎っくき太陽光が、寂しくなりつつある頭頂部から、隠しておきたい心の闇まで

ギンギンに照らし出す季節が訪れ

その光から身を隠す、吸血鬼の様な生活を送りながら、ただ何となくダラダラと。

読んだ小説の話やラジオ、漫画の話もしただろうか

文書を書く練習として

細々とつらつらと、気の向くままにフラフラと休み休みに訥々と

これからも変わらないペースで更新していこうかと考えている。

 

そして、最近読んだものと言えば

イニシエーション・ラブ

 

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

 

 

私には珍しく恋愛物

過去に映画にもなっているようで、当時かなり話題になっていた様な記憶がある。

なにやらドンデン返しがあるとの事で

私の人差し指がピクリと動いたのだ

三度の飯とドンデン返しが大好きで

甘いものも好きだし、炭酸飲料も大好きで

そんな食生活を続けていたもので、でっぷりと肥満体になってしまった、不健康代表の様な私

 

そんな食生活改善の必要性とは何も関係がないが

文量も軽めな様なので、アッサリとサッパリと読めるかと手にとってみた次第である。

 

 

しっかりと青春恋愛物の味がする

それは終わりの終わりまで恋愛を描いている

甘いエピソードだけでは無く、恋の終わりと始まり。甘くてほろ苦い青春の味…だけでは終わらない、後からくる隠し味のピリリとした刺激

 

※以下ネタバレを含む※

 

ドンデン返しがある事が初めから予告されているので、当然ドンデンは返る、気づかぬ内に

まるでカセットテープのA面とB面のように裏返る。

 

その手法は、小説ならでは、むしろ小説だから成立するもの。

いや、成立しているのだろうか….?

正直、若干納得出来ない部分も無くはない

 

 

完全なネタバレだが

 

本作は

鈴木Aさんと鈴木Bさんという、全くの別人を

「鈴木さん」として登場させるといった具合の仕掛けだ

当然これは文字だけしか情報の無い小説だから

区別がつかないのだが

登場人物としてビジュアルがあれば

普通は取り違える事はまず無いはずだ

双子ちゃんなら兎も角

しかしこの作品、上でも書いたが、なんと映像化されているとの事

まだ映画の方は未見なので、一体この仕掛けが

どの様に表現されているのか?

松田翔太さんが件のAさんとBさんを兼ねるらしいが、同一人物が演じてしまったら、また別の問題が出るんじゃないのだろうか?

一人二役というのは無くも無い話だが…

 

因みにカセットテープの表現は、今作中に出るもので根幹に関わる。

私の幼少時の微かな記憶では、カセットテープはA面の終わりが、B面の始まりだった様な気する、A面を再生してる時B面は逆行してるはずである

なので、同時進行の比喩と言うよりは、単純に一方が動いてる時、別の面も動いてるんですよということであろう。

今作は作中に当時のドラマの話や、カセットテープの件など、仕掛けを解く鍵の一部として登場するのだが、カセットテープと聞いてもピンと来ない若い世代には、本作を読み終え後書きにある解説を読んでも伝わり辛いかも知れない。

私自身、カセットテープまでは分かるがドラマ云々は全く知らなかったのでピンと来なかった。

 

ミステリ小説などでは、この時間の流れを時に無視したり、故意に入れ替えたりする手法が度々見受けられる。

時間軸を念頭に置いて読むと、違った景色が見えてくるものもあるかと思うが、あえて素直に

提供されたままに味わうというのも悪くない。

 

 

しかし、映像化不可能とされた今作が、如何に描かれているのか、原作小説を読んだからこそ浮かぶ疑問

松田翔太さんの演技、あの仕掛けをどの様な演出で乗り越えるのかなど、興味は尽きないので、いつか観てみたいと思う。

 

 

スッキリサッパリとはいかなかった今作

むしろドロドロとして、実はとてもリアルで

喜ばしい事象では無いかも知れないが、世間で散見される

そんな恋愛物語。

 

乾くるみさんの他作品も興味が出て来たので

いつか読むリスト入りとなった。

アリス殺し

 

アリス殺し (創元推理文庫)

アリス殺し (創元推理文庫)

 

 

今回はこちら

アリス殺し

 

かなり以前より"いつか買いたい本リスト"入りしていた今作

発売日2019/04/24と書いてあるが、2013年の作品が文庫化されたもの

 

どこかで目にしたタイトルに心惹かれ、購入予定リスト入りしていたのだろう。

近所の本屋さんで、なぜか大々的に棚に置かれていた

なぜ今、今作がクローズアップされていたのか、まだ謎ではあるが迷った末に購入を決めた。

 

-あらすじ-

気付くとそこは不思議の国

ハンプティダンプティやトランプの兵隊

ホワイトラビットやマッドハッターが居る

"あの"不思議の国

ある日、ハンプティダンプティが殺された

そして、その事件は現実にリンクする

ハンプティダンプティによく似た通称玉子さんこと王子さんが、事件か事故か死んだ…

現実と不思議の国が奇妙に入り混じる世界観

ハンプティダンプティは誰に殺されたのか

殺人(?)事件は続いていく

 

容疑者は"アリス"

 

 

と言った、ファンタジー要素の入り混じった世界観、そのほとんどが登場人物の会話劇で進んでいく。一風変わった?作品である

思ったよりもあっさりと騙されてしまったのは

不思議の国の雰囲気にのまれてしまったからかも知れない。

まったく別世界と現実が並列で、当然ながらその辺に今作の仕掛けがあるのだが

まさか、と唸った予想の斜め上をいく展開でした。

 

不思議の国のアリスを題材にした作品は世に多く有りますが、それらの作品に触れるたびに

不思議の国が、何故これほどまで世界中の人を虜にし続けるのか

原作者ルイスキャロルが作り上げた世界が

ここまで広く愛され続ける理由とは

そんな事を考えながら

塀の上に座って庭を眺める、そんな生活に憧れる毎日です。

 

不思議の国のアリスは、過去に読了しているので、続編?の鏡の国のアリスも、いつか読んでみたいなぁ。

苔 はじめました。

前々から興味があった、苔

我慢が出来ず、歩き始めた苔の道

 

と言っても、お金も無いので100均などで装備を整え、肝心の苔は、近くの山林で採取など。

 

基本的に引き篭もりである私が、これほどまでに積極的に外に出歩いているのも苔のおかげであろう。

連日、近くの100均回ってみたり、公園や野山を駆け回る。

何て健康的なのだろうか

 

本格的に夏も始まろうという時期に差し掛かっているにも関わらず

あまりに引き篭もってばかりいるので

「肌、白過ぎじゃ無い?」

と、友人に忠告される程の純白の肌色を備え

まるで月の裏側から来た人の様な顔色の私

 

まだ6月だと言うのに、引き篭もりの宇宙人を浄化せんとばかりに強烈で苛烈な太陽光線の攻撃に挫けそうになりつつも、苔を愛でたい一心で東奔西走し

仕上げた苔がこちらである

f:id:Piyochi:20190627084506j:image

なんだかよく分からない苔であるし

初心者にも関わらず欲を出し、謎のキノコ🍄も同居している。

果たして、この苔と謎のキノコ🍄は上手く育って行くのだろうか。

上手く育つとは、結果的にどの様な状態を指すのか、そんな事もわからずにただ愛でる。

それが、今、歩き始めた苔の道。

 

オートチェス iOS版

最近はめっきりライフアフターばかりであったが、常々噂には聞いていたオートチェスなるものが、この度iOS版配信開始したので遊んでみた。

 

ゲームの内容は、麻雀やトランプ、チェスや将棋的な要素を併せ持った作品になっており

運要素と状況判断、戦略性のバランスが絶妙で

PCゲーマー界隈では以前から話題になっており、ハマる人続出なのも理解出来る。

個人的には麻雀が一番近い気がする

 

盤の上に駒を置き戦わせると言った内容なのだが、駒を強くするには同じ駒を集める必要があり、更に同じ種族やジョブで盤面に揃えると

特殊な効果が発動(シナジー効果

駒はコインを使い入手するのだが、ショップに並ぶ駒はランダムであるが故に運要素が大きい

更に駒のプールはプレイヤー共通のものとなっており、他人と構成が被ってしまうと駒の取り合いになり不利がつく。

毎ターン入手出来るコインも、連勝ボーナスや

利子(※重要)の概念があり

コインのやり繰りがこのゲームを勝つために

重要なポイントとなっている。

 

初めのうちは、よく分からず駒ガチャ(コインを払う事でラインナップを切り替える)ばかりしてしまい、ジリ貧になる事もあるが

利子の重要性や、レベルアップをいつするのか

連勝出来ていれば温存したり、対戦相手の状況をみつつ、シナジーを考えつつ自軍の強化に励む選択など。

シナジー効果は大きく、単純に発動させるだけでも強いのだが、完全に特化を目指すのか

3駒で発動を数種類など、駒の入り具合によって様々な選択が必要になってくる。

 

iOS版は配信開始されて間もないが

PC版の情報が利用可能なので、動画などで

情報収集すると良いだろう。

 

初心者向け

  1. 始めの方は負けても我慢、利子大事とても大事
  2. シナジー効果は絶大、流れが変わる事もある
  3. MPは攻撃した時と、"された時"増える、スキルを使わせたい駒はあえて前出す選択も
  4. 駒の配置で勝敗が変わる事もある